アートとデザイン業界で働きたい方のための求人情報

News & Event

4/4〜6/30 「浜口陽三・丹阿弥丹波子二人展 はるかな符号」開催

SHARE ON


版画大国と称されるほど、豊かな版画芸術を育んできた日本。なかでも、カラーメゾチント技法を開拓した浜口陽三(1909〜2000)の功績は大きい。東京美術学校(現東京藝術大学)を中退して30年にパリに渡り、版画に限らず油彩や水彩など幅広い制作活動を行っていた浜口が、17世紀に開発されたメゾチント技法に、カラーメゾチントという新たな息吹を与えたのは、55年頃のことであった。以降は、57年のサンパウロ・ビエンナーレ版画国際部門の最優秀賞受賞にはじまり、世界を舞台に銅版画作家として名を馳せていく。

ところで、メゾチントといって真っ先に思い出されるのは、一時衰退していたこの技法を復活させた長谷川潔である。そんな長谷川のメゾチントに出会い、これに惹かれ、メゾチント一筋の創作人生を選んだ作家に丹阿弥丹波子(たんあみ・にわこ、1927〜)がいる。浜口がパリでカラーメゾチントに取り組み始めて間もなく、丹阿弥は60年頃よりメゾチント技法にのめり込み、以来、その本来的な漆黒の芸術世界を高めてきた。

4月4日(土)〜6月30日、東京のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションで開催される「浜口陽三・丹阿弥丹波子二人展 はるかな符号 大岡亜紀の詩と共に」は、そんな二人の芸術の交感を楽しめる展覧会だ。本展では、銅版画作品約60点を展示。また、画家で詩人の大岡亜紀が、丹阿弥作品を詩に歌う。二人の芸術を通して、銅版画の深みを感じられる機会となりそうだ。


(左)「花’75」 丹阿弥丹波子 1975年  メゾチント 30.0×36.5㎝ 
(右)「赤い皿」 浜口陽三 1969年 カラーメゾチント 24.5×51.7㎝



【展覧会概要】
浜口陽三・丹阿弥丹波子二人展 はるかな符号 大岡亜紀の詩と共に
日程:4月4日(土)~6月30日(火)
時間:11:00~17:00(土日祝は10:00~、最終入館は16:30、第1、3金曜は20時まで開館)
休館日:月(5月4日は開館)、5月10日は12時閉館
入場料:大人600円
会場:会場:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション →アクセス
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

<関連イベント>
対談 「銅版画の余白に」
丹阿弥丹波子(銅版画家)×小川正明(銅版画家、女子美術大学名誉教授)
5月10日(日)14:00~15:00
*対談後に自由参加のお茶会あり
定員:50名
参加費:入館料+200円

ワークショップ 「ボタニカル アルファベット」
講師:高沢祥子(フローリスト/geckou)
6月8日(月)
[午前の回]10:30〜12:30
[午後の回]14:30〜16:30
定員:各回10名
参加費|入館料+2500円(材料費込)

対談、ワークショップ共に申込は4/7(火)11時よりお電話にて受付開始(先着順)。

※いずれも詳細は公式サイト参照。


ワークショップ 「ボタニカル アルファベット」イメージ