アートとデザイン業界で働きたい方のための求人情報

News & Event

3/15〜3/17 アートバーゼル香港2015 開催!

SHARE ON


2014年のアートバーゼル香港で上演された、カールステン・ニコライによる《α (alpha) pulse》
Courtesy of Galerie EIGEN + ART Leipzig/Berlin, The Pace Gallery and Studio Carsten Nicolai
Photo by MCH Messe Schweiz (Basel) AG


3月15日(日)から3月17日(火)まで、香港の Hong Kong Convention and Exhibition Center(HKCEK)にて、世界の37の国と地域から233のギャラリーが参加するアジア最大級のアートフェア「アートバーゼル香港2015」が開催される。

今回のアートバーゼル香港は、5つの部門によって構成されている。モダンアートやコンテンポラリーアートを扱う179のギャラリーが出展する「Galleries」部門に加え、「Insight」部門では、アジアとアジア・パシフィック地域の34のギャラリーによるキュラトリアル・プログラムを実施。「Discoveries」部門では20のギャラリーが、いま一押しの作家を、個展もしくは2人展の形式で紹介する。



              Ben Brown Fine Arts Photo by MCH Messe Schweiz (Basel) AG

また昨年に引き続き、今年も「Film」部門をagnès b. CINEMAにて開催。マルチメディア・アーティストでありキュレーターのリー・ツェンファによるキュレーション。ユー・ジェンター(台湾)やチェン・ラン(中国)、田口行弘(日本)などのアジアの注目の若手作家に加え、マリーナ・アブラモヴィッチやマイケル・クレイグ・マーティンなど、1960年代から70年代の作品も上映される。

「Encounter」部門では、昨年までキュレーターを務めた長谷川祐子に代わり、今回からシドニーの「Artspace」エグゼクティブ・ディレクターのアレクシー・グラス=カントワーがキュレーターを務める。アジア・パシフィック地域で数多くのプロジェクトのキュレーションを手がけてきた彼女による、世界各地のアーティストを起用した20の作品を展示。スケールの大きな作品やインスタレーションは、アートバーゼル香港のハイライトとなるだろう。参加作家は、シボハン・ハパスカ(イギリス)、シュージー・シュレイマン(マレーシア)、ワン・ケピン(中国)、タラー・L.N.(中国)、シュ・ロンセン(中国)、ツァオ・フェイ(中国)、Dzine(アメリカ)、ガオ・ウェイガン(中国)、タエユーン・キム(韓国)、デイヴィッド・クレアボート(ベルギー)、ミカラ・デュヤー(オーストラリア)、エコ・ヌグロホ(インドネシア)、李禹煥(韓国/日本)、ダーン・ミッチェル(ニュージーランド)、スターリング・ルビー(アメリカ)、ジャオ・ジャオ(中国)、ジョアン・ヴァスコ・パヴィア(ポルトガル)、ヤン・マオヤン(中国)、ヒュー・ロッキー(イギリス)、ツァイ・クーニン(シンガポール)。



2014年のアートバーゼル香港「Encounter」部門、Hanart TZ Galleryのグ・ウェンダによるインスタレーション
Photo by MCH Messe Schweiz (Basel) AG


3月13日から17日の毎晩定刻には、九龍ハーバーフロントに面した、高さ490メートルの香港を象徴するビル International Commerce Center(ICC)のファサードにて、ツァオ・フェイの新作ビデオ・インスタレーション《Same Old, Brand New》が上演される。ツァオ・フェイは、コスプレ、ヒップホップ、マンガ、特撮技術などの都市の文化を独自の感性で捉え、3Dなどを用いて架空のユートピアとしての都市をつくり上げる作品で知られる。今回発表される《Same Old, Brand New》は、1980年代の初期ビデオゲームを参照し、香港のポップ・ユース・カルチャーに呼応した作品となっている。また彼女は、アートバーゼル香港の会期中に開催される「Conversation and Salon」プログラムにて、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーのディレクターであるハンス・ウルリッヒ・オブリストと3月15日にトークも行う。

アートバーゼル香港会期中に行われる「Conversation and Salon」プログラムには、アーティスト、ギャラリスト、コレクター、キュレーター、アーキヴィスト、エディターら、現代のアートワールドをリードする面々が登壇。『美術手帖』編集長の岩渕貞哉も3月17日の「Salon」に参加する。まもなく刊行される『美術手帖』国際版についてトークする予定。各プログラムの詳細は、公式サイトまで。



【アートバーゼル香港2015】
<開催日程>
3月15日(日) 13:00〜20:00
3月16日(月) 12:00〜20:00
3月17日(火) 12:00〜17:00

<入場料>
One-weekday ticket: HK$250, concessions HK$150
Sunday ticket: HK$300, concessions HK$180
Two-weekdays ticket: HK$400, concessions HK$250
Three-days ticket: HK$650, concessions HK$400

                                  ツァオ・フェイ Same Old, Brand New 2015 10min
                                  Courtesy of Cao Fei
                                  上演スケジュール 3月13日〜17日 18:30, 19:20, 20:10, 21:00, 21:50
<会場> 
Hong Kong Convention and Exhibition Center (HKCEC)

<公式サイト>
https://www.artbasel.com/en/hong-kong