アートとデザイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

デザインを感じる展覧会「デザインあ展」レポート

SHARE ON

現在、21_21designsightで開催中の「デザインあ展」が大好評だ。

NHK Eテレで放送中の教育番組「デザインあ」を展覧会に発展させた企画だ。


会場では、とにかく子どもたちが楽しそうにあれこれ触っている様子が見受けられる。ディレクターの佐藤卓さん、中村勇吾さん、小山田圭吾さんがもくろんだ「感じる」展覧会は、どうやら功を奏したようだ。「デザインとは何か」とか「いいデザインとは」なんて、とかく頭で考えがちな大人よりも子どもの反応は正直である。


テレビ番組の「デザインあ」は見たことがある人も少なくないだろう。本展は、番組の雰囲気を保ちつつも、展覧会では決してテレビの中ではできない体験をしてもらいたいということで、「感じる」展覧会というコンセプトを立てた。


会場はギャラリー1、2に分かれる。

ギャラリー1では『モノ・オトと映像の部屋』というインスタレーション作品が展開されている。中村勇吾と小山田圭吾によるものだ。4面のスクリーンに囲まれた部屋では、番組で流れている映像と実際のモノたちが共鳴する。


ギャラリー2は広大なデザイン実験場が広がる。順路は特に定められていないので、興味を持ったブースに立ち寄ってみよう。


『つみき寿司』(plaplax)では、木製のすしネタが用意されたカウンターがある。一応メニュー表というサンプルが用意されてはいるが、基本的には好きなようにすしを作っていけばいい。子どもたちが黙々とすしを作る姿が見受けられた。



『こすってみコイン』(studio note)では、世界中にあるさまざまなコインの模様を体感できる。どうやって体感するかというと、置いてある紙とペンを使ってコインの上に乗せてこする、フロッタージュの手法を使ってコインの凹凸を鉛筆の先から感じるのだ。紙がお財布型をしているのもいいですね。



『ごちゃまぜ文庫』(Perfectron)では、また子どもたちの熱心な様子が。これは、本を上下に分解した積み木。何を分解したかというと「タイトル」である。例えば「はだかのおうさま」「ハーメルンのふえふき」「鶴のおんがえし」という本を分断し、上下が組み替えられるようにするというもの。「はだかの ふえふき」とか「鶴の おうさま」とか組み合わせによってはなんじゃこりゃという新しい物語ができ上がる。



『解散!』(岡崎智弘)も面白い。身の回りにあるさまざまな日用品をとことん分解するというインスタレーションだ。寿司にまつわる要素がすべて並べられていたり、一冊の本がバラバラになっていたり、ひとつの物を構成する要素を分解してみると、普段の物の見方が変わるかもしれない。

これが寿司の解散。

これが本の解散だ。


『一枚の布』(佐藤卓デザイン事務所+山田悦子<むす美>)も体験できるコーナーだ。文字通り一枚の布が置かれており、その上にはさまざまな物がのっけられている。正面の映像の通りに手前の物を包んでみよう。「ふたつむすび」「すいかつつみ」等、一枚の布の多様性を知ることができるだろう。

『音めがね』(緒方壽人<takram design engineering>)は、音をのぞくメガネだ。空間に入ると、音が流れており白く光るスクリーンの横に虫メガネのようなものが置いてある。そのメガネをスクリーンにかざすと、音の波形が表示されるのだ。音がただ可視化されいるだけではなく、それを虫メガネを手にして自分から探しに行くのが面白い。また、虫メガネはひのきで作られており、顔に近づけるとほんのり香るのが心地いい。複合的な体験として、きっと心に残るものになるに違いない。


『音の廊下』(小山田圭吾<コーネリアス>+Yamaha)では、通常は展示空間として使われていない廊下が作品の体験空間となる。音に追いかけられる、日常ではなかなか体験できない感覚が味わえるだろう。


「デザインあ」展で感じたのは、とにかく子どもたちの生き生きとした表情である。デザイン教育をする番組というと、お勉強のようなものを思い浮かべるかもしれないが、全然違う。楽しい体験を通して、日常の物を注意深く見ること、身近な物に関心を持つこと、物のかたちや色に興味を持つこと、それらが子どもたちの興味関心を育み、ひいてはデザイン教育に繋がるという。それを、展覧会ディレクターの佐藤卓さんは「デザインマインド」という。日常に潜むデザインマインドを育むスイッチが、会場のいたるところに仕掛けられている。


まあ、とにかく難しいことは考えずに子どもの心に戻って、会場であれこれ触って体験してみよう。


会期中は、さまざまなワークショップが開催される他、コーネリアスによるライブも予定されている。デザインをからだで感じて楽しむ、いろいろと考える前にまずは参加してみてはいかがだろうか。


【開催概要】

会期:2013年2月8日(金)から6月2日(日)

会場:21_21 DESIGN SIGHT

住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内

休館日:火曜日(4月30日は開館)

開館時間:11:00から20:00(入場は19:30まで)

※3月23日は六本木アートナイト開催に合わせ24:00まで開館延長(最終入場は23:30)

入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料


【関連イベント】

3月2日(土)18:00〜20:00

スペシャルライブ “salyu × salyu × デザインあ展”

出演:“salyu × salyu、小山田圭吾

参加費:無料(当日の会場入場券が必要)


その他ワークショップは多数開催予定。詳しくは公式ウェブサイトを参照のこと。

http://www.2121designsight.jp/program/design_ah/


(取材/上條桂子)